ヴェルファイア モデルチェンジ 最新情報

ヴェルファイア モデルチェンジ 最新情報です。
ついに1月26日に発表されましたね。

価格は、2.5Lモデルが、3,197,782円~
ハイブリッド2.5Lモデルが、4,155,055円~となっています。
当初の予想よりも安いですね!

燃費ですが、ガソリン車で11.4km/L、
ハイブリッドでは、最高燃費が18.4km/Lとなっています。

走行安定性が向上され乗り心地も良くなっています。
人気も高くなっていて、残念ながら、大幅な値引きが難しそうです。

そこで、最大の値引き額を引き出すコツと、
さらにそれ以上に費用が安くなる方法を紹介します♪

ヴェルファイア モデルチェンジ後に、最大限に値引きする方法をまとめると
・複数店舗をまわる
・自分の車の下取りをする見積もり、下取りなしの見積もりを両方だしてもらう
・下取りなしでの最大値引き額をしる
・自分の車の下取りは、ネットで査定してもらい最大額で下取りをしてもらう、
もしくは自分の車の下取りの最大額を利用して、ディーラーと交渉する。

地道ですが、自分に残るお金が50万以上違うこともあるので、ぜひ実践しましょう♪
愛車の査定はこちらがおすすめ
↓↓↓
かんたん車査定ガイド  

たった1分ででき、店舗のディーラーより30万近く違うこともあります。

実際に店舗を回ってだしてもらったディーラーの下取りよりも、
かんたん車査定ガイドの査定が高い場合は、無理して下取りさせず、かんたん車査定ガイドで見つけた方に売却する方がお得です♪

新車購入資金も随分楽になることでしょう。

 

 

ヴェルファイア モデルチェンジ もよいですが、最近興味があるのが、CX-5です。サステイナブルな未来を見据えた「ビルディングブロック戦略」。
ビルディングブロック戦略とは、スカイアクティブ テクノロジーによって、エンジンをはじめとした自動車の基本技術を革新し、その上にモーターなどの電気デバイス(装置)を積み上げていく考え方です。さまざまな革新技術をいち早く提供し、世界中のお客様にクルマを楽しんでいただく。そして、地球規模でのCO2排出量の低減に貢献する。それが、ビルディングブロック戦略の真意です。人馬一体の走りに欠かせない、パワーを思いのままに操る感覚を追求。
従来のすべてのトランスミッションのメリットを集約し、なめらかな加速、スムーズな変速、低燃費、ダイレクトなシフトフィールを実現。しかも、アクセルペダルを踏み込む量や速さに応じて変速パターンを変化させ、パワーを思い通りにコントロールする感覚を体現します。従来型AT、CVT、デュアルクラッチ式など、すべてのトランスミッションのメリットを集約
現在普及しているAT(オートマチックトランスミッション)は、大きく3種類あります。発進・坂道の上がりやすさとなめらかな変速が特長の「無段変速装置(CVT)」、低車速・高車速ともに燃費がよく、ダイレクト感のある「デュアルクラッチ式」、高車速での燃費の良さと発進・坂道の上がりやすさに優れた「ステップAT」。それぞれ特長が異なっています。SKYACTIV-DRIVEは、ステップATをベースに、同方式の弱点であった「低車速での燃費」「ダイレクト感」「なめらかな変速」を徹底的に追求しました。そして、誕生したのが、このSKYACTIV-DRIVE。「発進・坂道の上がりやすさ」「燃費の良さ」「ダイレクト感」「なめらかな変速」という、すべてのトランスミッションのメリットを集約した理想的なオートマチックトランスミッションです。
ヴェルファイア モデルチェンジもよいですが、最近興味があるのが、CX-5です。ロックアップ * 領域を大幅に拡大し、燃費向上と、マニュアル車のようなダイレクトフィールを叶えます
SKYACTIV-DRIVEのダイレクト感あふれる走りをもたらしたのは、「全域ロックアップ*」というブレイクスルーの発想です。トルクコンバーター内には、エンジンで作られたパワーをロスなく変速機に伝えるため、車速が上がる際の滑り感を制御するために、エンジンと変速機の間の2枚の羽をロックアップ*(直結)させる機能があります。マツダは、素材や形状などをゼロから見直すことで、振動や騒音を抑えたままロックアップ領域を拡大することに成功しました。発進直後から高速走行まで、ほぼ全域でロックアップを実現することで、マニュアル車のような走りの楽しさをオートマチックトランスミッションでも低燃費で楽しめるようになりました。
*ロックアップ:トルクコンバーターの伝達効率を向上させるために、内部に設けられたクラッチ機能のこと。ロックアップを行うことで、エンジンの回転を効率良くタイヤに伝えます。力強い発進とスムーズな変速などとともに、クルマを操る醍醐味を提供
アクセル操作によるスピードの変化がドライバーの感覚に近いため、加速し過ぎた後に減速するなどの無駄な修正操作をすることなく、狙った車速に合わせることができます。また、マニュアルモードでのダウンシフト時には、エンジン回転をギア段に合わせるブリッピング制御によって、マニュアル車のようにスムーズな走りが楽しめます。
ヴェルファイア モデルチェンジもよいですが、最近興味があるのが、CX-5です。アクセルペダルでキックダウンのタイミングを意図的にコントロールできる新採用「キックダウンスイッチ」が、操る楽しさをさらに高めます。
アクセルペダルを踏み込んでいった先に意図的に荷重の段差を設け、それを踏み越えることでキックダウンを開始させる「キックダウンスイッチ」を採用しました。従来は、アクセルを踏み込んでもいつキックダウンが開始されるのかドライバーが明確に判断することができず、意図しないタイミングでキックダウンが開始されるといったケースもありました。しかし新採用の「キックダウンスイッチ」では、キックダウンの開始タイミングが明確に把握でき、スイッチを踏み込むと同時にキックダウンを開始。クルマを意のままに操る楽しさを提供するアイテムのひとつとなっています。目指したのは、走りを楽しくする強さと、安心の衝突安全性能。
「人馬一体」の走りのためには、ドライバーの運転操作に対してクルマが忠実に応答して正確に動くことが不可欠です。それを支える骨格が、サスペンションなどをしっかり支持するSKYACTIV-BODY。基本骨格を可能な限り直線で構成する「ストレート化」と、各部の骨格を協調して機能させる「連続フレームワーク」、さらに、ボディの主要部分に高張力鋼板を多用することなどにより、ねじれにくい強さと軽さを高次元で両立させました。もちろん衝突安全性能の高さも大きな特長です。

© 2015 ヴェルファイア モデルチェンジ 最新情報 rss